東京オフィス

13539_740x360

Practice:

  • Technology & Innovation Sector
  • Life Sciences Sector
  • 複雑な訴訟および紛争処理
  • 特許権
  • 著作権、商標、および虚偽広告
  • 知的財産
  • 反トラストおよび不正競争防止
  • 国際仲裁および紛争処理
  • 不法大衆迷惑行為および製造物責任
  • 雇用法および訴訟
  • 日本

矢倉  信介 パートナー 複雑な訴訟および紛争処理, 特許権

東京オフィス

東京オフィスのマネージング・パートナーであり、オリック訴訟・仲裁グループのパートナーとして、クロスボーダーの訴訟・仲裁、知的財産権及びコンプライアンス案件を手がける。

矢倉弁護士の主な取扱分野は知的財産権、独占禁止法、製造物責任、医事・薬事関係、その他各種紛争案件につき、国内外の企業を代理した民商事紛争解決である。とりわけ、複数の国が関わるクロスボーダー型の訴訟・仲裁案件について豊富な経験を有する。

知的財産権の分野においては、電気機器、産業機械等の技術に関する特許権侵害訴訟において国内外の企業を数多く代理するとともに、商標権、著作権、パブリシティー権など、知的財産権に関する案件を幅広く手掛けている。日本の弁理士資格を保有。

近年は、人工知能(AI)、IoT、ビッグデータに関連するビジネス及び法律上の問題点について積極的にアドバイスしおり、オリックのグローバル・AIワーキンググループのアジア代表を務める。

また、米国腐敗行為防止法(FCPA)や英国賄賂防止法(UKBA)を含む贈収賄規制法対応及びカルテル等の独占禁止法/競争法に関する不正調査案件にも積極的に携わるとともに、企業のコンプライアンス事案について、グローバルな視点から戦略的なアドバイスを提供している。

さらに、M&Aやライセンシング等のコーポレート・トランザクション業務にも日常的に携わっており、クライアントに対し戦略的なアドバイスを提供している。

1740_740x360

Practice:

  • Energy & Infrastructure Sector
  • 再生可能エネルギー
  • エネルギー
  • インフラストラクチャー
  • 風力エネルギー
  • 合併と買収
  • 日本
  • アフリカ

片山  洋一 パートナー 再生可能エネルギー, エネルギー

東京オフィス

東京オフィスのパートナー。多国籍ディベロッパーや金融機関を代理し、エネルギー、電気通信やその他のインフラ・プロジェクトを中心とした国際的なインフラ・プロジェクトの開発及び資金調達の分野の取引に従事する。

1997年よりオリックの東京オフィスで活動するまでは、株式会社トーメン・パワーにジェネラル・カウンセルとして在籍。1989年から1993年は、ニューヨークのTomen America Inc.にアソシエイト・ジェネラル・カウンセルとして在籍する。

8288_740x360

Practice:

  • Energy & Infrastructure Sector
  • 再生可能エネルギー
  • インフラストラクチャー
  • エネルギー
  • 日本

若林  美奈子 パートナー 再生可能エネルギー, インフラストラクチャー

東京オフィス

若林美奈子弁護士は、東京オフィス、エネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループに所属しており、日本における再生可能エネルギーマーケットの発展を牽引している。

国内外のスポンサーやディベロッパーを代理した複雑かつ革新的なプロジェクトを多く手掛ける。本邦における固定価格買取制度導入にあたっては、政府に協力して制度設計や同制度の中核となる特定契約・接続契約の政府モデル契約作成にも関与した。また、検察官検事の経験を基に、東京都入札監視委員会委員としても活動している。
13440_740x360

Practice:

  • Finance Sector
  • 不動産
  • 不動産投資ファンド
  • 不動産ファイナンス
  • 合併と買収
  • 再生可能エネルギー
  • 日本
  • フィンテック
  • ブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)

伊能  優子 パートナー 不動産, 不動産投資ファンド

東京オフィス

東京オフィスのパートナー。

不動産ファンドの組成、不動産の取得、不動産の開発、ファイナンスを中心として、不動産が絡む幅広い場面において国内外のクライアントを代理している。

また、国際企業間の取引、国際紛争、M&A、再生可能エネルギー案件、フィンテック関連案件、及び国内企業法務全般にかかる助言も幅広く手掛けている。  

16938_740x360

Practice:

  • Life Sciences Sector
  • 合併と買収
  • テクノロジー企業グループ
  • フィンテック

杉田  泰樹 パートナー 合併と買収, テクノロジー企業グループ

東京オフィス

オリック東京法律事務所のパートナー。M&A・アンド・プライベート・エクイティ・グループに所属。多岐にわたるクロスボーダーM&A、ジョイントベンチャー、ベンチャー・キャピタルなどの案件に携わり、特に日本企業を代理した、欧米・アジアへの対外投資案件、海外企業を代理した対日案件、企業及びVC投資家を代理したクロスボーダーのVC案件を多く取り扱う。

また、ファンド組成、不動産、様々なファイナンス案件での経験も豊富。

杉田弁護士は2005年に米系投資銀行、2012年から2014年に日本の大手商社に出向した経験などから、クライアントのニーズを深く理解し、柔軟に対応する能力に優れている。

12874_740x360

Practice:

  • 雇用法および訴訟
  • 役員報酬
  • 合併と買収
  • 複雑な訴訟および紛争処理
  • 国際貿易および法的順守
  • 日本
  • 同一賃金

太田  祐美子 パートナー 雇用法および訴訟, 役員報酬

東京オフィス

東京オフィスのパートナー、同事務所の労働法グループに所属。主に労働法に関するアドバイスを行なうほか、コンプライアンス、コーポレートガバナンス、M&A、合弁事業、訴訟などの様々な企業法務に従事している。

オリックに入所する以前は、2010年3月まで、田辺総合法律事務所のアソシエイトとして、企業法務、労働法関連業務、訴訟、調停、一般民事および家事事件などに幅広く従事したほか、企業の社外監査役なども勤めた。それ以前には、7年間にわたり三菱商事株式会社に勤務し、LNGプロジェクト等のグローバルビジネスに携わった。

9964_740x360

Practice:

  • Energy & Infrastructure Sector
  • 再生可能エネルギー
  • インフラストラクチャー
  • エネルギー
  • Solar Energy
  • 風力エネルギー
  • 不動産
  • 不動産ファイナンス
  • 日本

乾  由布子 パートナー 再生可能エネルギー, インフラストラクチャー

東京オフィス

東京オフィスのパートナーとして、エネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループに所属。洋上風力、陸上風力、太陽光などの再生可能エネルギー案件の開発、セカンダリー取引、プロジェクトファイナンス、許認可、用地取得に係る調査・助言業務を中心に取り扱うほか、環境問題、フィンテックなどの業務も手がける。

乾弁護士は、これまでに太陽光33件1221MW、風力18件1115MWの法務デューデリジェンスに関与(2020年2月時点)。また、日本最大235MWの太陽光発電プロジェクトや日本最大121.6MWの風力発電プロジェクトのプロジェクトファイナンスを手掛けた。

また、2006年度から毎年、日本弁護士連合会の公害対策・環境保全委員会特別委嘱委員に選出されている。2021年には、Legal 500 Asia Pacificの日本のプロジェクト・エネルギー部門でRising Starに選出された。

12209_740x360

Practice:

  • Technology & Innovation Sector
  • 知的財産
  • 日本

ジョン ・ インジ カウンセル 知的財産, 日本

東京オフィス; ワシントンDC

ジョン・インジは、オリック東京オフィスの知的財産グループに所属するカウンセルです。 インジ外国法事務弁護士は日本および米国において30 年以上にわたる特許および知的財産法に関する経験を有しています。

インジ外国法事務弁護士は特にテクノロジーに関わる問題を幅広く取り扱っており、その中には半導体装置、家庭用電子製品、通信システム、コンピューターとその関連機器、レーダー、光ファイバーを含む光学、内科および外科用装置、ディスプレイシステム、照明装置、印刷システム、電子写真、エネルギー蓄積 装置、プラスチック成形技術などが含まれます。

インジ外国法事務弁護士の業務内容は、知的財産権のあらゆる局面に関与する特許訴訟、抵触審査、有効性と侵害に関する見解、交渉およびライセンシングの他、特許審査といった幅広い範囲に亘り、特にジョイントベンチャーおよび国際的研究開発の契約案件を中心に取り扱っている。また、米国と日本の両国で特許ポートフォリオ管理と知的財産権戦略について、頻繁にクライエント のカウンセリングを行っています。

インジ外国法事務弁護士はジョージ・メイソン大学法学部の非常勤職員として、抵触審査に関するコースや、特許法律事務所業務に関する上級コースを指導した経験を有し、最近ではテンプル大学ロースクールの日本キャンパスにおいて国際知的財産法を指導しました。また中等国際教育機関とし ては、世界で最も古く名門校の一つである横浜インターナショナルスクールの理事会長として、これまで 最長の任期を務めました。インジ外国法事務弁護士は、環太平洋全域において知的財産法をトピックに定期的に講演を行っています。また日本では一般向けおよび企業向けで頻繁に米国特許実務に関するセミナーを行っています。

154664

Practice:

  • Energy & Infrastructure Sector
  • エネルギー
  • インフラストラクチャー
  • 再生可能エネルギー
  • 不動産
  • 日本

アンドリュー ・ ヒューズ オブ・カウンセル エネルギー, インフラストラクチャー

東京オフィス

ヒューズ外国法弁護士(米国ニューヨーク州)は、東京オフィスのオブ・カウンセルとして、エネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループに所属。

太陽光、風力などの再生可能エネルギー・プロジェクトの買収、資金調達、及び開発案件において、国際的なエクイティ投資家及び開発者に助言を行う。

ヒューズ外国法弁護士は、以前オリック不動産グループに所属しており、グローバル・オポチュニティ・ファンド、銀行、その他の金融機関による不動産取引、及び不動産ファイナンス案件においても、数多くの経験を有する。

その後、インハウス・カウンセルとしてグリー株式会社及びElectronic Arts 社に所属し、クロスボーダーM&Aやジョイントベンチャーなどの企業間取引、その他の一般企業法務などを担当した。

10298_740x360

Practice:

  • 合併と買収
  • エネルギー
  • 不動産
  • 日本

ケイン ・ ファン シニア・アソシエイト 合併と買収, エネルギー

東京オフィス

オリック東京法律事務所のシニア・アソシエイト、M&A・アンド・ プライベート・エクィティ・グループに所属。

オリックのM&A・アンド・ プライベート・エクィティ・グループは、主に米国および日本の企業のM&Aジョイントベンチャー、戦略的投資、技術関連のライセンシング、ライフサイエンス分野の取引、コンプライアンス、コーポレートガバナンスなど企業法務を取り扱う。

16937_740x360

Practice:

  • 国際仲裁および紛争処理
  • 複雑な訴訟および紛争処理
  • 雇用法および訴訟
  • 反トラストおよび不正競争防止

松本  はるか シニア・アソシエイト 国際仲裁および紛争処理, 複雑な訴訟および紛争処理

東京オフィス

オリック東京法律事務所のシニア・アソシエイト。訴訟グループ所属。

主な業務内容は、国内外の企業を代理しての民事・商事関連の紛争解決、主に海外子会社のコンプライアンス、雇用・労働・人事関連、独占禁止法、保険法、倒産法、その他さまざまな企業法務。

松本弁護士は公認不正検査士の有資格者でもあり、日本企業の海外子会社における不正調査やコンプライアンスの向上を目的とした業務にも従事している。また、国内外の労働法に関する著書・レポートなども発表している。

オリックに入所する以前は、永沢総合法律事務所のアソシエイトを務め、主に、倒産、再生関連の業務、及び訴訟、仲裁等の紛争解決分野において幅広い業務に従事した。

16232_740x360

Practice:

  • Energy & Infrastructure Sector
  • 再生可能エネルギー
  • インフラストラクチャー
  • エネルギー
  • 合併と買収
  • 日本

小路  健太郎 シニア・アソシエイト 再生可能エネルギー, インフラストラクチャー

東京オフィス

オリック東京オフィス、エネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループ所属のシニア・アソシエイト。

国内外のスポンサー、デベロッパー、を代理して、エネルギープロジェクトの開発及び資金調達に従事する。

主にEPC契約、BOP契約、O&M契約をはじめとするプロジェクト関連契約を取り扱う。

2013年から2014年に日本の大手商社に出向した経験などから、クライアントのニーズを理解し、柔軟なサービスを提供する。オリック入所以前は、外国法共同事業オメルベニー・アンド・マイヤーズ法律事務所において、のクロスボーダーM&A、ファイナンス、紛争解決案件等を手掛けた。
17656_740x360

Practice:

  • Finance Sector
  • 合併と買収
  • コンプライアンスおよび法規制
  • Business & Human Rights
  • 日本
  • インパクトファイナンス

蔵元  左近 シニア・アソシエイト 合併と買収, コンプライアンスおよび法規制

東京オフィス

オリック東京オフィスのM&A/プライベートエクィティ・グループに所属。米国・シンガポールでの駐在経験を生かし、国内ならびに海外での投資・M&A、ベンチャーファイナンス、コンプライアンス、紛争案件、危機管理等の企業法務全般を取り扱う。投資・M&A案件については、日本企業を代理して、米国・東南アジア・欧州の各地域の企業との間の案件に多数従事してきた。

日本経済新聞では、法務関連の記事において随時コメントが掲載されている。経営法友会、各団体、各企業等での講演や執筆も多数実施している。第6回「新日本法規財団奨励賞」優秀賞を受賞。東京2020「持続可能性に配慮した調達コード」に基づく通報受付窓口に係る助言委員会委員候補者にも選任されている。また、一般社団法人経営倫理実践研究センターのフェローを務めている。成城大学法学部特別講師(2018年、2020年)。

環境・社会課題の解決を目指す若手起業家を支援する、2020年の環境省TJ(トランスフォーマー・ ジャパン)ラボのTJインキュベーターに就任。

税理士業務通知弁護士(東京国税局、関東信越国税局)。

 

海外展開する日本企業のニーズを踏まえ、国内・国際両面に目配りをし、戦略的な見地で、危機管理案件、ガバナンス体制の構築、グローバル・コンプライアンス体制の強化プランの策定、ESG関連法務にも従事している。サプライチェーンの適正化を図る各国の法令、コーポレートガバナンス/CSRや「ビジネスと人権」に関する国際的規範・基準、関連するILO条約等に精通する他、グリーンボンド、ソーシャルボンド等のESG投資にも関与している。

AIやIoT、FinTech、観光事業等の事業を行う大手企業・ベンチャー企業の双方に対し、ファイナンス案件を含む各種案件について、ビジネスを理解した上での実践的な法的サポートに取り組んでいる。

日本企業のステークホルダー対応・ダイバーシティー経営の観点から、女性・障碍者・LGBTの社員への対応についても助言を行なう。企業側の弁護士の立場から、技能実習生を含む外国人労働者への対応の適正化について、日本企業のサポートを行っている。

15277_740x360

Practice:

  • 知的財産
  • 反トラストおよび不正競争防止

藤野  将生 マネージング・アソシエイト 知的財産, 反トラストおよび不正競争防止

東京オフィス

オリック東京オフィスの弁護士(日本国、米国カリフォルニア州及び米国ニューヨーク州)

理系のバックグラウンドを有し、知的財産法、独占禁止法及び個人情報保護法を主に取り扱っている。

高校時代に米国バージニア州への留学経験、そして、フルブライト奨学生(日米両政府による国費奨学生)としての米国スタンフォード大学への留学経験がある。

学生時代は、国内の企業において、JAXA(宇宙航空研究開発機構)オープンラボ制度のもとで、宇宙空間プラズマに関する研究を行った経験を有する。

382360

Practice:

  • Energy & Infrastructure Sector
  • エネルギー
  • インフラストラクチャー
  • 再生可能エネルギー
  • 日本

河村 豪俊 マネージング・アソシエイト エネルギー, インフラストラクチャー

東京オフィス

オリック東京法律事務所のアソシエイト。エネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループ所属。

主に再生可能エネルギープロジェクトの開発、買収およびファイナンス案件などの他、企業法務全般を取り扱う。

オリックに入所する以前は、2013年に判事補として任官し、松山地方裁判所、東京地方裁判所で判事補として経験を積んだ。

395223

Practice:

  • Finance Sector
  • 不動産
  • 不動産投資ファンド

冨樫 翔太 アソシエイト 不動産, 不動産投資ファンド

東京オフィス

東京オフィスのアソシエイトとして、不動産グループに所属。

国内外の金融機関、不動産ファンド、不動産ディベロッパーやその他様々な企業を代理して、主として、特定目的会社や信託を利用した金融関連取引を担当している。その他、国際企業間取引、金融関連取引、不動産関連取引、国内企業法務全般に関する法的助言を行う。

Practice:

  • 合併と買収
  • テクノロジー企業グループ
  • ブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)
  • 日本

ナタニエル ・ レイゼンバーグ アソシエイト 合併と買収, テクノロジー企業グループ

東京オフィス

オリック東京オフィスのコーポレート・グループ所属のアソシエイト。

テクノロジー関連の新興企業から多国籍企業まで、あらゆる成長段階にある日本企業やグローバル企業を代理し、資金調達活動、M&A、プライベート・エクイティ、ジョイントベンチャー、戦略的投資、一般企業法務などに関する業務を手掛ける。

リーガルテック企業であるJurisTech Japanの共同設立者であり、ブロックチェーンやデジタル通貨に関連する豊富な知識と経験を有する。

オリックに入所以前は、法律事務所ZeLo・外国法共同事業にフォーリン・アソシエイトとして所属していた。