若林  美奈子

パートナー

東京オフィス

若林美奈子弁護士は、東京オフィス、エネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループに所属しており、日本における再生可能エネルギーマーケットの発展を牽引している。

国内外のスポンサーやディベロッパーを代理した複雑かつ革新的なプロジェクトを多く手掛ける。本邦における固定価格買取制度導入にあたっては、政府に協力して制度設計や同制度の中核となる特定契約・接続契約の政府モデル契約作成にも関与した。また、検察官検事の経験を基に、東京都入札監視委員会委員としても活動している。
  • 2004年から2005年までオリックのニューヨーク事務所で勤務。検察官検事として4年間執務していた経験も有する。

    • GEエナジー・フィナンシャル・サービス、東洋エンジニアリング及びくにうみアセットマネジメントが設立した瀬戸内Kirei未来創り合同会社を代理した、日本最大のソーラープロジェクト(231MW)の総事業費1,100億円のプロジェクトファイナンス及びエクイティファイナンスの調達
    • 米国初のユーティリティ・スケールでの太陽光発電プロジェクト・ファイナンス案件への投資(Project Finance International「2010年度再生可能エネルギー・ディール賞」受賞案件)
    • 世界最大規模となる世界各国の風力発電プロジェクトに対する2億ドル投資ファンドの設立
    • 日本国内の太陽光発電プロジェクト及び風力発電プロジェクトを始めとする多種の国内再生可能エネルギー案件の開発、建設並びにプロジェクト・ファイナンスを通じた資金調達

ニュースレター・著作

ニュース