若林  美奈子

パートナー

東京オフィス

オリック東京法律事務所・外国法共同事業

東京オフィスのパートナーとして、エネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループに所属。風力(陸上・洋上)や太陽光などの再生可能エネルギー案件の開発、政策提言等のロビイング、PPA(コーポレートPPAを含む。)などの業務を手掛け、日本における再生可能エネルギーマーケットの発展を牽引している。

国内外のスポンサーやディベロッパーを代理した複雑かつ革新的なプロジェクトを多く担当。本邦における固定価格買取制度導入にあたっては、政府に協力して制度設計や同制度の中核となる特定契約・接続契約の政府モデル契約作成にも関与した。近年では多様なコーポレートPPA案件も手掛ける。なお、2022年5月付で、一般社団法人 日本風力発電協会(JWPA)の監事に就任。

2004年から2005年までオリックのニューヨーク事務所で勤務。検察官検事として4年間執務していた経験や東京都入札監視委員会委員を8年間務めた経験も有する。また、2022年3月より、株式会社Veritas In Silicoの監査役も務める。

    • 日本最大121.6MWの風力発電プロジェクトにおいて日本企業と米国投資家を代理し、開発及びプロジェクトファイナンスによる資金調達に関与。
    • 日本最大235MWの太陽光発電プロジェクトにおいてGEエナジー・フィナンシャル・サービス、東洋エンジニアリング及びくにうみアセットマネジメントが設立した瀬戸内Kirei未来創り合同会社を代理し、開発並びに総事業費1,100億円のプロジェクトファイナンス及びエクイティファイナンスによる資金調達に関与。
    • 米国における1GW以上の太陽光発電案件及び2.5GWh以上の蓄電池案件への共同投資及び共同開発案件において大和エナジー・インフラを代理。

ニュースレター・著作