アンドリュー ・ ヒューズ

オブ・カウンセル

東京オフィス

ヒューズ外国法弁護士(米国ニューヨーク州)は、東京オフィスのオブ・カウンセルとして、エネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループに所属。

太陽光、風力などの再生可能エネルギー・プロジェクトの買収、資金調達、及び開発案件において、国際的なエクイティ投資家及び開発者に助言を行う。

ヒューズ外国法弁護士は、以前オリック不動産グループに所属しており、グローバル・オポチュニティ・ファンド、銀行、その他の金融機関による不動産取引、及び不動産ファイナンス案件においても、数多くの経験を有する。

その後、インハウス・カウンセルとしてグリー株式会社及びElectronic Arts 社に所属し、クロスボーダーM&Aやジョイントベンチャーなどの企業間取引、その他の一般企業法務などを担当した。