日本のCVCの現状、課題、今後の展望

Webinar | July.14.2022 | 9:00am - 10:15am (Tokyo Standard Time)

Online Webinar

English: Total Access Japan - CVCs in Japan: What You Need to Know - Current Status, Issues, and Future Outlook

大企業や中堅企業がスタートアップと連携する上での有力な手法であるコーポレートベンチャーキャピタル (CVC) には様々なメリットもあり、日系企業が海外でのCVC展開を開始しているケースもコロナ禍の中でも増加の一途にあります。ただし、展開・運営する上での困難も多くなかなか活用が上手くいかずという事例も、国内外に限らず多々見受けられます。

昨年の8月に実施したウェビナーでは、CVCの前線でご活躍されているスピーカーを招き、主にCVC内部における課題と求められる取り組みや今後の展望についてフォーカス致しました。その結果、非常に多くの方にご参加頂き、また、ゲストスピーカーから示唆に富むアドバイスを頂き、大変盛況でした(同ウェビナーの録画版や資料はこちらからご覧いただけます)。

今回のイベントでは、その続編として、主にCVCから具体的に投資を実行する際の契約条件における注意点や、実務上の課題にフォーカスして、オリックのシリコンバレー・オフィスのパートナーを務めますジョセフ・パーキンス米国弁護士が来日し、オリックの東京オフィスのパートナーである杉田泰樹弁護士、また米国自動車メーカーでのCVC活動の構築・指導の経験を有し、現在オリック・シリコンバレー・オフィスでマネージング・ディレクター(テクノロジークライアント担当)を務めますデニス・リュー氏と共にCVCの投資家が直面する市場の実態と関連する課題について解説・意見交換を行います。CVCの組成を考えている企業、既に立ち上げている企業及びこれらCVCからの出資を検討しているスタートアップいずれにも必聴のテーマですので、奮ってご参加ください。

ご質問のある方は東京マーケティングまでお送り下さい。

日 時:7月14日(木)9:00 am – 10:15 am(日本時間)
スピーカー:
オリック・シリコンバレー・オフィス、パートナー、ジョセフ・パーキンス
オリック東京オフィス、パートナー、杉田泰樹(第一東京弁護士会)
オリック・シリコンバレー・オフィス、マネージング・ディレクター(テクノロジークライアント担当)、デニス・リュー
言 語:英語(同時通訳なし)※英語が主となりますが、日本語での補足説明も多少含まれます。
お申込み方法Register Hereから7月12日までにご登録ください。

なお、同業者様のお申し込みはご遠慮いただいております。

CLE Credits Available: N