Total Access Japan Webinar
グローバル人事:日本における
人材の流動化とチャレンジ
課題や対応策

Webinar | March.19.2021 | 11:00am - 12:15pm (Tokyo Standard Time)

Webinar(録音版)はこちらから視聴いただけます。

English:Global HR - Recent Fluidity in the Japanese HR System: Challenges and Countermeasures

オリックのトータルアクセスセミナー・シリーズは、ウェビナー、イブニング・セッションおよびネットワーキングイベントを通じて、起業家および投資家のビジネス、戦略および法律に関する情報を提供しています。

ビジネスを行う上で、物理的な国境の意味が薄れているにもかかわらず、労働関係には、その居住地の労働法規の適用があるのが原則であり、グローバル企業が従業員の労務管理を適切に行うことは容易ではありません。とりわけ、日本においては、労働者が強く保護されており、労働法規を遵守しつつ、雇用主側のニーズや従業員からの要望に応えることは容易ではありません。そこで今回のウェビナーでは、オリック東京オフィスのパートナーである太田祐美子弁護士より、日本のテクノロジー企業に共通して見受けられる人事労務上の問題や課題、特にコロナ禍およびポストコロナにおいて求められる働き方の多様化に対応する上での課題や取組みについても解説いたします。

更に、米国シリコンバレーを本拠地とし日本にも拠点を有する、スタートアップ/テクノロジー企業向けのグローバル雇用支援を手掛けるWorkCo Inc. の共同創設者兼CEOであるケン・オフリール氏をゲストスピーカーとして迎え、グローバルなテクノロジー企業が現地での雇用の際に直面する課題や人事管理を円滑にする上でのアドバイスなどについてお話いただきます。

なお、本ウェビナーでは、オリック・シリコンバレー・オフィスのパートナーであるジョセフ・パーキンス米国弁護士がモデレーターを務め、オリック東京オフィスのパートナーである杉田泰樹弁護士も参加致します。各スピーカーによるオープンディスカッション形式をとり、いつでもご質問頂くことが可能です。また、ご質問内容を事前にお送りいただければ、こちらでお調べした上で回答することもできるかと思いますので、ぜひご応募ください。

ご質問のある方は東京マーケティングまでお送り下さい。

日 時:3月19日(金)11:00 am – 12:15 pm
スピーカー:
オリック東京オフィス、パートナー、太田 祐美子(第一東京弁護士会)
WorkCo Inc.、CEO、ケン・オフリール
モデレーター:オリック・シリコンバレー・オフィス、パートナー、ジョセフ・パーキンス
言 語:英語(同時通訳なし)※英語が主となりますが、日本語での補足説明も多少含まれます。
お申込み方法:Register Hereから3月17日までにご登録ください。

※ このプログラムは米国ニューヨーク州およびカリフォルニア州のCLEクレジットの対象となっています。