Search Language:

日本語 / Japanese | Use language selector above (below, on mobile) to search additional languages

See by:

open filter

Focus:

25 items matching filters

Search Results

Insight

Japan Renewable Alert 40: 洋上風力発電のための海域利用新法の概要と課題

by 若林  美奈子 | March.27.2019

wind_2
2018年11月30日、海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に関し、関係者との調整の仕組みを定めつつ、海域の長期にわたる占用が可能となるよう、所要の措置を講ずるための「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律」(以下「本法律」)が成立し、今月、本法律の施行期日を2019 ...

Insight

Japan Renewable Alert 39: メガソーラー: 40MW以上は環境影響評価の対象に

by 片山  洋一 and 若林  美奈子 | February.05.2019

solar energy
2019年1月15日に太陽光発電施設等に係る環境影響評価の基本的考え方に関する検討会(「本検討会」)から「太陽光発電施設等に係る環境影響評価の基本的考え方に関する検討会報告書(素案)」(本報告書)が出され、今後、太陽光発電事業については、下記概要のとおり、系統接続段階の発電出力ベース(交流)において ...

Insight

Japan Renewable Alert 38: 32円-40円案件: 適用調達価格引き下げの危機 - 経済産業省からの修正案

by 片山  洋一 and 若林  美奈子 | December.07.2018

2018年12月5日、経済産業省は、「FIT 制度における事業用太陽光発電の未稼働案件への新たな対応について(修正点の概要)」を公表しました。これは、2018年10月に経済産業省が発表した未稼働の太陽光案件についての大幅な適用調達価格の引き下げを行う新ルール(2018年10月23日のEnergy ...

Insight

Japan Renewable Alert 37: メガソーラー、32MW以上は環境影響評価法の対象になる可能性

by 片山  洋一 and 若林  美奈子 | November.09.2018

solar_01
環境省は、11月1日の「第4回 太陽光発電施設等に係る環境影響評価の基本的考え方に関する検討会」において、大規模な太陽光発電事業については環境影響評価法の対象事業とする方針を示したことを発表しました。