Total Access Japan – 米国のESG経営・ESGファイナンスの動向と、日本企業への示唆

Webinar | May.25.2022 | 10:00am - 11:15am (Tokyo Standard Time)

Webinar(録音版)はこちらから視聴いただけます。

English: Total Access Japan – U.S. Trends in ESG Management and Finance, and Suggestions for Japanese Companies

ESG(環境・社会・企業統治)は国際的に企業経営の中心的課題となりつつあり、米国や欧州ではESG投資も急拡大しています。一方、日本でもESG投資が増加しており、日本企業としてはESG経営への注力が課題となっていますが、未だ実務の蓄積が十分とはいえない現状にあります。

そこで今回のウェビナーでは、オリックの米国オフィスでESG分野に従事するアシュリー・ウォルター米国弁護士とジェニファー・ポー米国弁護士が、米国のESG経営とESG投資の現状を米国弁護士の視点から実務的に解説します。さらに、オリックの東京オフィスでESG分野に従事する蔵元 左近弁護士および河村 豪俊弁護士が日本の実務の現状の概要を簡潔に報告した上で、シリコンバレー・オフィスのパートナーであるジョセフ・パーキンス米国弁護士およびオリックの東京オフィスのパートナーである杉田 泰樹弁護士による司会進行の元、日本企業への示唆について意見交換を行います。

なお、本ウェビナーでは、各スピーカーによるオープンディスカッション形式をとり、いつでもご質問頂くことが可能です。また、ご質問内容を事前にお送りいただければ、こちらでお調べした上で回答することもできるかと思いますので、ぜひご応募ください。

ご質問のある方は東京マーケティングまでお送り下さい。

日 時:5月25日(水)10:00 am – 11:15 am(日本時間)
スピーカー:
オリック・シアトル・オフィス、パートナー、アシュリー・ウォルター
オリック・ニューヨーク・オフィス、カウンセル、ジェニファー・ポー
オリック・東京・オフィス、シニア・アソシエイト、蔵元左近(東京弁護士会)
オリック・東京オフィス、マネージング・アソシエイト、河村 豪俊(東京弁護士会)
オリック・シリコンバレー・オフィス、パートナー、ジョセフ・パーキンス
オリック東京オフィス、パートナー、杉田泰樹(第一東京弁護士会)
言 語:英語(同時通訳なし)※英語が主となりますが、日本語での補足説明も多少含まれます。
お申込み方法:Register Hereから5月23日(月)までにご登録ください。

※ このプログラムは米国ニューヨーク州およびカリフォルニア州のCLEクレジットの対象となっています。

なお、同業者様のお申し込みはご遠慮いただいております。

17656_740x360

Practice:

  • Finance Sector
  • 合併と買収
  • Business & Human Rights
  • 日本
  • コンプライアンスおよび法規制
  • インパクトファイナンス

蔵元  左近 シニア・アソシエイト 合併と買収, Business & Human Rights

東京オフィス

日本国弁護士・米国ニューヨーク州弁護士。 ESG/SDGs/「ビジネスと人権+環境・気候変動」、VC/スタートアップ、M&A、コンプライアンス分野に従事している。

ESG/SDGs/「ビジネスと人権+環境・気候変動」を専門領域とする弁護士として、人権・環境デューディリジェンス等のサポートを行っている。

東京を拠点に日本企業を中心にサポートしており、米国とシンガポールでの駐在経験も有している。投資・M&A案件については、日本・米国・欧州・東南アジアの各地域の案件に従事してきた。

SDGsやESG、「ビジネスと人権+環境・気候変動」に関する国際的規範・基準、関連するILO条約等に精通する他、ESG/インパクト投資の推進に向けたサポートを行っている。 日本企業のステークホルダー対応・DI&E(Diversity, Inclusion & Equality)経営推進の観点から、女性・障がい者・LGBTQの社員への対応についても助言を行なう。企業側の弁護士の立場から、技能実習生を含む外国人労働者への対応の適正化についても、日本企業をサポートしている。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から、「持続可能性に配慮した調達コード」に基づく通報受付窓口に係る助言委員会委員候補者に選任された。

国際協力機構(JICA) 等が事務局である「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム」(JP-MIRAI)専門家委員も務める。

ビジネスと人権ロイヤーズネットワーク(BHR Lawyers Network Japan)の創設メンバーかつ運営委員でもある。

環境・社会課題の解決を目指す若手起業家を支援する、2020年の環境省TJ(トランスフォーマー・ ジャパン)ラボのTJインキュベーターの他、一般社団法人経営倫理実践研究センター(BERC)のフェローを務めている。成城大学法学部特別講師(2018年、2020年)。

第6回「新日本法規財団奨励賞」優秀賞を受賞。

382360

Practice:

  • Energy & Infrastructure Sector
  • エネルギー
  • インフラストラクチャー
  • 再生可能エネルギー
  • 日本

河村 豪俊 マネージング・アソシエイト エネルギー, インフラストラクチャー

東京オフィス

オリック東京法律事務所のアソシエイト。エネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループ所属。

主に再生可能エネルギープロジェクトの開発、買収およびファイナンス案件などの他、企業法務全般を取り扱う。

オリックに入所する以前は、2013年に判事補として任官し、松山地方裁判所、東京地方裁判所で判事補として経験を積んだ。

9613_740x360

Practice:

  • Technology Sector
  • テクノロジー企業グループ
  • ブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)
  • 日本
  • 合併と買収

Joseph Perkins パートナー テクノロジー企業グループ, ブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)

シリコン・バレー

ジョセフ・パーキンスは、オリック・シリコンバレー・オフィス、テクノロジーカンパニーグループ所属のパートナーであり、エマージング・カンパニー及びベンチャー・キャピタル・ファームにアドバイスを提供している。

パーキンス氏は、米国および日本のハイテック企業や、クリーンテクノロジー企業へのプライベート・ベンチャー・ファイナンス、M&Aなどの法務アドバイスを行う。

16938_740x360

Practice:

  • Life Sciences Sector
  • 合併と買収
  • テクノロジー企業グループ
  • フィンテック

杉田  泰樹 パートナー 合併と買収, テクノロジー企業グループ

東京オフィス

オリック東京法律事務所のパートナー。M&A・アンド・プライベート・エクイティ・グループに所属。多岐にわたるクロスボーダーM&A、ジョイントベンチャー、ベンチャー・キャピタルなどの案件に携わり、特に日本企業を代理した、欧米・アジアへの対外投資案件、海外企業を代理した対日案件、企業及びVC投資家を代理したクロスボーダーのVC案件を多く取り扱う。

また、ファンド組成、不動産、様々なファイナンス案件での経験も豊富。

杉田弁護士は2005年に米系投資銀行、2012年から2014年に日本の大手商社に出向した経験などから、クライアントのニーズを深く理解し、柔軟に対応する能力に優れている。