ビッグデータの利活用にかかわる法的問題と戦略的対応

AI/IoT新時代と不正競争防止法の改正を含む法規制の動向を踏まえて

Seminar | February.22.2018 | 9:00am - 10:30am (Tokyo Standard Time)

オリック東京オフィス

English: Orrick Library Seminar Series - Big Data: Issues and Strategies in the Era of AI/IoT

オリックのグローバル・ジャパン・プラクティスでは、「Orrick Library」と題し、日本のみならず米国、アジアおよびヨーロッパの各地域における様々な分野の法律問題についてセミナーを開催しております。次回のセミナーは、2月22日(木)午前9時~午前10時半にて開催いたします。

ビジネスにおけるAI(人工知能)、IoT(すべてのモノがインターネットにつながる)の積極的活用は企業としての必須命題であり、ビッグデータの利活用はその根幹と言えます。これまで規制の実態が曖昧だったビッグデータもその権利関係に与える影響の大きさから各方面で規制の検討が進み、企業としてもその対応が喫緊の課題です。今回は、これらの分野における経験が豊富で経済産業省所轄の営業秘密管理指針の作成及びビッグデータの利活用に関わる不正競争防止法の改正にアドバイザーとして関わった経験のある講師により、ビッグデータの利活用にかかわる法的問題と戦略的対応と題したセミナーを開催いたします。講演は日本語で行われ、英語の通訳はつきません。

90分のセミナーでは以下のようなトピックを取り上げます:

  • ビッグデータ利活用の最前線
  • ビッグデータ利活用における法的問題と法規制
  • コンプライアンスの観点からの戦略的対応
  • ケーススタディ
  • グローバル対応の必要性

講演後に、質疑応答の時間を設けます。お忙しいことと存じますが、ぜひご参加ください。

日 時:2018年2月22日(木)9:00 am – 10:30 am (開場および受付開始8:45 am)
会 場:オリック東京法律事務所(アクセス)
講 師:東京オフィス、パートナー、矢倉 信介(第一東京弁護士会)
言 語:日本語のみ(通訳はつきません)
費:無料
申込締切:2018年2月20日(火)

※1 東京オフィス訴訟グループの髙取 芳宏弁護士(第一東京弁護士会)及びディビッド・ケイス外国法事務弁護士(第二東京弁護士会)も対応質問等にお答え致します。

※2 このプログラムは米国ニューヨーク州及びカリフォルニア州のCLEクレジットの対象となっています。