Orrick Assists Ethiopian Pro Bono Client in Successful Application for Refugee Status in Japan

02.15.17

(英語の後に日本語が続きます。)

An Orrick pro bono client of Ethiopian citizenship was officially recognized as a refugee by Japan’s Ministry of Justice under the Immigration Control and Refugee Recognition Act.

By international standards, the number of people recognized as refugees by the Japanese government is extremely low: in 2016, only 28 out of 10,901 applications were successful.  Moreover, very few cases have been reported of a successful application in Japan by an Ethiopian citizen.  Despite reports of a rapid increase in applications for refugee recognition in recent years, commentators have observed that the Ministry of Justice has declined the applications of many apparently qualified applicants. 

Applicants for recognition as refugees often find it difficult to navigate Japan’s application procedures without professional support.  For example, experts note that applicants bear much of the burden to prove that they are refugees, a process that requires the applicant to prepare materials regarding the state of human rights in their country of origin and prepare or gather statements and/or supporting opinions describing the applicant’s personal experience of persecution.  Through its pro bono activities, Orrick works with the nonprofit organization Japan Association for Refugees (JAR) to provide legal and other assistance to applicants who would not otherwise have the resources to secure professional support.

With JAR’s assistance, the Ethiopian citizen in this case applied for recognition as a refugee while visiting Japan to avoid persecution in Ethiopia.  Orrick and the legal department of Goldman Sachs Japan Securities Co., Ltd. became involved soon after the initial application and supported the applicant in the preparation and submission of supporting materials, a legal opinion, and related matters.

From Orrick’s Tokyo office, Masao Fujino and Kei Kato engaged in activities such as submitting opinions on behalf of the applicant, with support from Hiroki Sugita, Ben Spitz, Megumi Kataoka, Jean Luyat (now in Orrick’s New York office), and Kersten Broms (a former intern).

 

プロボノ:エチオピア人難民認定申請者の難民認定

オリックがプロボノ活動の一環として支援したエチオピア人の日本における難民認定申請者が、出入国管理及び難民認定法に基づき、難民と認定されました。

日本においては難民認定者数が国際的にみて極めて少ないレベルに留まっています。2016年に10,901件の難民認定申請がされたのに対して、同年に難民として認定されたのはわずか28人に留まります。日本においてエチオピア人の難民認定申請が認められたケースもわずかしか報告されていません。日本の難民認定制度に関しては、近年、難民認定申請数の急増が報道されていますが、難民認定されるべき人が不認定となったケースも多数あるとの指摘もされています。

日本の難民認定手続きにおいては、難民であることを証明する責任の多くが、事実上、難民認定申請者自身に課されていると言われています。当局から、出身国の人権状況の収集や、難民認定申請者本人の迫害経験をもとにした陳述書・意見書の提出などを求められることもあり、これらを難民認定申請者が自力で行うことは非常に困難であるため、弁護士を含む専門家による支援が必要とされています。オリックは、プロボノ活動の一環として、認定NPO法人難民支援協会と連携し、難民認定申請者の支援活動を行っています。

オリックの支援した難民認定申請者は、エチオピアにおいて迫害を受けていたため、日本へ入国した機会を利用して難民認定申請を行いました。その後、認定NPO法人難民支援協会が相談窓口となり、オリックが、ゴールドマン・サックス証券株式会社法務部とともに、当該難民申請者の支援を行うこととなり関連資料の収集、意見書等の作成、提出等の活動を行いました。

オリック東京オフィスからは、藤野将生及び加藤啓が当該申請者を代理して意見書等を提出し、杉田泰樹、ベン・スピッツ、片岡恵、ジャン・ルヤット(現ニューヨークオフィス)、及びカーステン・ブロムス(元インターン)が支援に加わりました。