マーク・ウィークス

パートナー

香港, 東京オフィス

M&Aアンド・プライベート・エクイティ・グループに所属しているパートナーである。香港及び東京オフィスに所属。オリック・ニューヨーク・オフィス、及び東京オフィスにおいて25年以上の弁護士経験を有する。香港オフィスに着任以前、2006年から2017年までオリック東京オフィスの、オフィスリーダーを務めた。

主な業務内容は、米国企業、日本企業、他アジアの様々な企業を代理しM&A、ジョイント・ベンチャー取引、クリーン・テクノロジー、ライフサイエンス、およびIT・テレコム分野における事業譲渡、戦略的投資および企業法務全般を取り扱う。

日本語の読み、書き、会話ともに極めて堪能。

    • 日系化学品メーカーによる米国森林防疫薬剤及び農業用薬剤製造・販売企業の日本におけるプラントヘルス事業の買収。

    • ドイツの産業向け断熱部品メーカーの買収において、日系化学メーカーを代理。

    • シャープの米国連結子会社リカレント・エナジーLLCの出資持分全部を、カナダの太陽光パネルメーカーであるカナディアン・ソーラーへ売却にあたり、シャープ株式会社を代理。
    • ジョンソンコントロールズを代理し、日立アプライアンス株式会社のグローバルHVAC(暖房・空調・換気)ビジネスの株式の60%の取得及び、日立と共同によりHVACシステムの開発、製造、販売を行うグロバルジョイントベンチャーの設立。
    • 日本を拠点とする自動車部品会社ユーシンを代理し、国際的な自動車部品事業をフランスを拠点とする自動車部品会社ヴァレオより買収。
    • 日本を拠点とする世界的な化学会社を代理し、フランスの化学会社をオークションにより買収。
    • 米国の総合化学製品会社を代理し、日系大手農薬会社2社が共同所有する除草剤ビジネスの買収。
    • 日本を拠点とする世界的な化学会社を代理し、Dow Chemical社の子会社が所有するテブフェノジド(Tebufenozide)ビジネスの買収。
    • 日系の上場化学製品会社を代理し、米国子会社をオークションにより売却。
    • 日本の上場GPS、音波・電波探知機の製造販売会社を代理し、米国のGPSセミコンダクター会社の買収。
    • トヨタグループの商社による、世界的な農薬事業会社の全保有株(40%超)の、オリンパスキャピタル率いる投資家集団に対する20億ドル規模の株式売却を支援。
    • 日系総合商社および持株会社による、民間企業としては最大手となる農薬事業およびライフサイエンス事業会社の全保有株の売却支援。
    • 日本を拠点とする世界的な食品、飲料、調味料等の製造販売メーカーを代理し、風味物質の開発を行っているバイオテクノロジー企業Senomyx社とのワールドワイドな研究開発、商品化及びライセンス契約の交渉及び締結を支援。
    • 日系銀行の代理人として、日系株式公開会社の買収にあたり複雑な資金調達スキームの構築にあたる。
    • バイオテクノロジ-事業を営む会社の顧問弁護士として、M&A契約、ライセンスおよび供給契約、製造委託契約、事業提携契約、研究開発契約等の作成にあたる。
    • 日本の農薬メーカーの顧問弁護士として、殺菌剤、殺虫剤、除草剤の事業分野における企業買収(M&A)、ジョイント・ベンチャー、資産譲渡、製品供給、販売、ライセンス契約を手がける。
    • 日本のキャッシュ・マネジメント・カンパニーのための、米国のキャッシュ・マネジメント・カンパニーの公開買付けに関する代理業務。
    • 日本の食品会社のための、米国の食品会社の公開買付けに関する
    • 代理業務。
    • オンラインによるB2B取引のための身分証明や信用調査を行うための機関を日本及び米国企業のジョイント・ベンチャーで立ち上げる。
    • 米国の大手衣料小売店の再編成に伴い、債権者である日本の小売業者の代理人として、アジア諸国における登録商標のライセンシングを目的としたジョイント・ベンチャーや、再編成された企業の劣後債(劣後ローン)、ワラント債や株主間契約に関する交渉を行う。
    • 情報製品およびオンライン・サービスを提供する米国企業と日系企業2社とのジョイント・ベンチャーを立ち上げる。

ニュースレター・著作

ニュース