Orrick Library Webinar Series
AI(人口知能)とデータ:最近の動向と実用的なヒント

Webinar | January.28.2021 | 9:00am - 10:15am (Tokyo Standard Time)

Webinar(ウェビナー)にて開催
アクセス方法についてはご参加登録いただいた際にご提供いたします。

English: AI & Data: Recent Developments and Practical Tips

オリックのグローバル・ジャパン・プラクティスでは、「Orrick Library」と題し、日本のみならず米国、アジアおよびヨーロッパの各地域における様々な分野の法律問題についてセミナーやウェビナーを開催しております。次回のウェビナーは、2021年1月28日(木)、午前9時~午後10時15分にて開催いたします。

AIの技術は日々進化しており、あらゆるセクターの企業がAIをビジネスに取り入れようとしようとしています。同時に、AIの進歩と関連するデータの使用により、先例のない法的な問題やビジネス上の問題が多数発生しています。

今回のウェビナーでは、オリック・ニューヨーク・オフィスのパートナーであるリチャード・マルティネッリ米国弁護士と現在ニューヨークオフィスにロー・クラークとして在籍しております加藤啓弁護士が、主に知的財産の観点から、以下の事項を含むAIとデータ使用の法的な問題に関する最近の動向について考察し、日本企業の皆様に実践的なヒントとなる情報を提供させていただきます。

  • AIの発達:米国での最近の活用例
  • AI関連の発明の特許性と戦略的懸念
  • データの収集と使用における知的財産問題
  • 日本企業を取り上げた架空のケーススタディ

日 時:2021年1月28日(木)9:00 am – 10:15 am
講 師: ニューヨーク・オフィス、パートナー、リチャード・マルティネッリ
ニューヨーク・オフィス、ロー・クラーク、加藤 啓
言 語:英語および日本語 (当時通訳なし)
費:無料
申込締切:2021年1月26日(火)

※1 当セミナーでは、東京オフィスの訴訟グループのパートナーである矢倉 信介弁護士(第一東京弁護士会)が、適宜、日本語でご質問等にお答えいたします。

※2 このプログラムは米国ニューヨーク州およびカリフォルニア州のCLEクレジットの対象となっています。

CLE Credits Available: Y

11260_740x360

Practice:

  • Technology Sector
  • Intellectual Property
  • Patents
  • Artificial Intelligence & Machine Learning
  • 3D Printing
  • Internet of Things

Richard F. Martinelli Partner Intellectual Property, Patents

ニューヨーク

Rich Martinelli develops comprehensive IP strategies which resolve immediate legal needs and safeguard long-term business objectives. He handles all aspects of intellectual property, particularly patent litigation, patent prosecution and client counseling.

He has litigated patents at trial, before the ITC, and on appeal to the U.S. Court of Appeals for the Federal Circuit. Rich has counseled clients and rendered opinions on patent validity, infringement and freedom to use. He is a registered patent attorney with experience drafting patents and practicing before the U.S. Patent and Trademark Office. Rich also helps companies address the novel litigation and transactional IP issues that arise when developing and working with AI and is a frequent lecturer on these topics.

Rich’s patent work has involved a wide range of technologies including image processing, 3d graphics, audio / video compression, computer hardware and software, e-commerce, network technologies, digital rights management and encryption.

13539_740x360

Practice:

  • Technology & Innovation Sector
  • Life Sciences Sector
  • 複雑な訴訟および紛争処理
  • 特許権
  • 著作権、商標、および虚偽広告
  • 知的財産
  • 反トラストおよび不正競争防止
  • 国際仲裁および紛争処理
  • 不法大衆迷惑行為および製造物責任
  • 雇用法および訴訟
  • 日本

矢倉  信介 パートナー 複雑な訴訟および紛争処理, 特許権

東京オフィス

東京オフィスのマネージング・パートナーであり、オリック訴訟・仲裁グループのパートナーとして、クロスボーダーの訴訟・仲裁、知的財産権及びコンプライアンス案件を手がける。

矢倉弁護士の主な取扱分野は知的財産権、独占禁止法、製造物責任、医事・薬事関係、その他各種紛争案件につき、国内外の企業を代理した民商事紛争解決である。とりわけ、複数の国が関わるクロスボーダー型の訴訟・仲裁案件について豊富な経験を有する。

知的財産権の分野においては、電気機器、産業機械等の技術に関する特許権侵害訴訟において国内外の企業を数多く代理するとともに、商標権、著作権、パブリシティー権など、知的財産権に関する案件を幅広く手掛けている。日本の弁理士資格を保有。

近年は、人工知能(AI)、IoT、ビッグデータに関連するビジネス及び法律上の問題点について積極的にアドバイスしおり、オリックのグローバル・AIワーキンググループのアジア代表を務める。

また、米国腐敗行為防止法(FCPA)や英国賄賂防止法(UKBA)を含む贈収賄規制法対応及びカルテル等の独占禁止法/競争法に関する不正調査案件にも積極的に携わるとともに、企業のコンプライアンス事案について、グローバルな視点から戦略的なアドバイスを提供している。

さらに、M&Aやライセンシング等のコーポレート・トランザクション業務にも日常的に携わっており、クライアントに対し戦略的なアドバイスを提供している。