Total Access Japan: 暗号資産とマーケット・トレンド

Seminar | April.23.2019 | 6:00pm - 7:30pm (Tokyo Standard Time)

Orrick Tokyo

English: Total Access Japan: Crypto-Assets and Market Trends

2018年の、仮想通貨流出事件とイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に関連するスキャンダルに対応する形で、内閣は2019年3月15日に、仮想通貨を暗号資産と名前を変更し、一定のICOは証券法制である金融商品取引法に服する形とする様々な法律の改正案を閣議決定しました。一方で、世界各国における法整備が進んだこともあり、仮想通貨市場は底を打ったようにも見受けられます。さらに、仮想通貨はブロックチェーン技術のアプリケーションの一つに過ぎないところ、当該技術は様々な産業での利用が期待されています。

今回、特別ゲストとして、我々のクライアントでもあるリキッドグループ株式会社の法務・コンプライアンスチームを率いるベン・スピッツと田中玲を迎え、法制の整備や市場の動向についての知見を得たいと思っております。リキッドグループ株式会社は子会社のQuoine株式会社を通じてグローバルに展開する仮想通貨交換業者として最初の日本での仮想通貨交換業の登録をしており、先日、日本で2番目のユニコーンとなる10億米ドル超の企業価値でシリーズCの当初クロージングを迎えたことを発表したばかりです。

オリックは近時発表されたLendIt Fintech Industry Awardsにおいて、その専門知識、独創性、クライント・サービス、ならびにフィンテックに関する法務においてベスト・プラクティスを実証した法律事務所としてTop Law Firmに選出されました。日本においてオリック・フィンテック業務を担当する伊能優子弁護士及び杉田泰樹弁護士が、日本及び他の地域における暗号資産関連の規制の最新動向について解説した後、リキッドグループ株式会社とのディスカッション・セッションをいたします。

トピック

  • 日本及びその他の地域での様々な規制
  • マーケット・リーダーとのディスカッション・セッション

プレゼンテーションはすべて英語で行われ、通訳はつきません。講演後に、質疑応答の時間を設けます。

日 時:4月23日(火)6:00 pm – 7:30 pm
会 場:オリック東京法律事務所(アクセス
スピーカー:
東京オフィス、パートナー、伊能 優子 (東京弁護士会)
東京オフィス、パートナー、杉田 泰樹 (第一東京弁護士会)
リキッドグループ株式会社、シニア・リーガル・カウンセル、ベン・スピッツ
リキッドグループ株式会社、最高リスク&コンプライアンス責任者、田中 玲
言語:英語(日本語の通訳はありません)
費:無料
参加ご登録:Register Hereから4月19日までにご登録ください。

お問い合わせは毛利亜矢までお願いいたします。

CLE Credits Available: N

13440_740x360

Practice:

  • 不動産
  • 不動産投資ファンド
  • 不動産ファイナンス
  • M&Aおよびプライベートエクイティ
  • コーポレート
  • 再生可能エネルギー
  • 日本
  • Fintech
  • Blockchain and Cryptocurrency

伊能  優子 パートナー 不動産, 不動産投資ファンド

東京オフィス

東京オフィスのパートナー。

不動産ファンドの組成、不動産の取得、不動産の開発、ファイナンスを中心として、不動産が絡む幅広い場面において国内外のクライアントを代理している。

また、国際企業間の取引、国際紛争、M&A、再生可能エネルギー案件、フィンテック関連案件、及び国内企業法務全般にかかる助言も幅広く手掛けている。  

16938_740x360

Practice:

  • M&Aおよびプライベートエクイティ
  • テクノロジー企業グループ
  • Fintech

杉田  泰樹 パートナー M&Aおよびプライベートエクイティ, テクノロジー企業グループ

東京オフィス

オリック東京法律事務所のパートナー。M&A・アンド・プライベート・エクイティ・グループに所属。多岐にわたるクロスボーダーM&A、ジョイントベンチャー、ベンチャー・キャピタルなどの案件に携わり、特に日本企業を代理した、欧米・アジアへの対外投資案件、海外企業を代理した対日案件、企業及びVC投資家を代理したクロスボーダーのVC案件を多く取り扱う。

また、ファンド組成、不動産、様々なファイナンス案件での経験も豊富。

杉田弁護士は2005年に米系投資銀行、2012年から2014年に日本の大手商社に出向した経験などから、クライアントのニーズを深く理解し、柔軟に対応する能力に優れている。