9月のイベント: スタートアップのハマリやすい10の罠

Seminar | September.14.2017 | 6:00pm - 7:30pm (Tokyo Standard Time)

Orrick Tokyo

English: Total Access Japan - 10 Traps for Start-Ups

オリックのトータルアクセス セミナー・シリーズは、ブレックファースト/イブニング・セッションおよびネットワーキングイベントを通じて、起業家および投資家のビジネス、戦略および法律に関する情報を提供しています。

次回イベントは、9月14日(木)午後6:00~8:00に開催いたします。

オリックは米国をはじめ、日本、中国、ヨーロッパで約1600のスタートアップを代理していますが、今まで数多くの罠にハマったスタートアップを見てきました。そこには世界中のスタートアップにも共通する問題点も多くあります。そこで、今回は杉田 泰樹弁護士と蔵元 左近弁護士がスタートアップが陥りやすい主な法的問題点について、日本法特有の問題も交えながら解説しながら、特別ゲストとして米国シリコンバレーに本拠を置くFogHornの創業メンバーの一人でもある、遠藤雄太氏にご自身の体験談を語って頂きます。また、日本で新規ビジネスをローンチする際に便利な二つの制度:適用法令についての不安を解消できる「グレーゾーン解消制度」、企業単位で規制の特例措置を認めてもらう「企業実証特例制度」についても紹介します。セミナー・スライドは日英で用意し、プレゼンテーションは主に日本語で行う予定です。

トピック

  • 俺たちずっと一緒!~ 創業者の幻想

  • 招かれざる客? ~ 取締役会の構成

  • 記録がない、記憶もない ~ 会社書類の重要性

  • コンプラは後回し、将来はIPOでウハウハだ! ~グレーゾーン解消制度の活用 等

特別ゲスト: 遠藤雄太氏
シリコンバレーにてアメリカ人やインド人とともにFogHorn Systemsを創業。慶応義塾大法学部卒業、Cisco Systems JapanにてエンジニアとしてMulticastを中心にFTTH黎明期の立ち上げに従事。2005年よりシリコンバレーにあるCisco System本社へと移籍、Product Managerとしてシリコンバレーにて活動。2011年、Ciscoの社内ベンチャーとして産業向けIoTビジネスの立ち上げをProject ManagementチームのLeaderとして牽引。マーケットがクラッシュした中でも4年連続2ケタ成長を達成した後、2015年1月退社、2015年2月より現職。

お席の数が限られておりますのでお早めにお申し込みください。

日 時:9月14日(木)6:00 pm – 7:30 pm
会 場:オリック東京法律事務所(アクセス)
スピーカー:
東京オフィス、パートナー、弁護士 杉田 泰樹(第一東京弁護士会); 東京オフィス、マネージング・アソシエイト、弁護士 蔵元 左近(東京弁護士会)
言語:
日本語(同時通訳はありません)
参 加 費:無料
参加ご登録:Register Hereから9月12日までにご登録ください。

お問い合わせは毛利亜矢までお願いいたします。