Total Access Japan - 10 Traps for Start-Ups

Seminar | September.14.2017 | 6:00pm - 7:30pm (Tokyo Standard Time)

Orrick Tokyo

(日本語は英語の後に続きます)

Orrick's Total Access Japan Event Series provides entrepreneurs business, tactical, and legal education through complimentary panels and seminars and networking events.

Orrick represents over 1600 start-ups in the US, Japan, China and Europe, and has been witnessing many start-ups getting caught in traps. Additionally, start-ups are confronted to similar challenges worldwide; in this session, Orrick Tokyo bengoshi Hiroki Sugita and Sakon Kuramoto will explain major legal issues start-ups tend to face, with the special participation of Yuta Endo, founding members FogHorn, company based in Silicon Valley, who will share his own experiences. Moreover, two systems that are useful when launching a new business in Japan will be introduced: "System to Remove Gray Zone Areas" which can eliminate concerns about applicable laws and "System of Special Arrangements for Corporate Field Tests" which is a system that allows special measures unique to each company. The presentation will be in Japanese with bilingual slides available (English and Japanese).

Topics:

  • We are all together forever! – Founders’ Fantasy

  • Unwelcome stranger? – Composition of the Board

  • No record, no memory… – Importance of Corporate Documents etc.

  • Postponing Compliance, Prioritizing Future IPO – Using the System to Remove Gray Zone Areas

Special Guest: Yuta Endo
Yuta heads APAC Operations and Business Development at FogHorn Systems and is one of the original members of the FogHorn team. He has a deep understanding of Industrial IoT and Fog Computing across many different industrial and commercial verticals and is an experienced business development manager who established many key relationships with global industrial companies. Prior to joining FogHorn, Yuta worked at Cisco Systems where he bootstrapped the new IoT Division by leading product management and strategic industrial partner relationships to drive the company’s industrial IoT vision, strategy, and execution from 2011-2014. Before he co-founded the IoT Division, Yuta served as Senior Manager of Product Management responsible for Cisco’s core enterprise portfolio.

Date & Time: September 14 (Thursday) 6:00 pm – 7:30 pm
Location: Orrick Tokyo Offices (Map)
Speaker:
Hiroki Sugita, Partner, Tokyo Office; Sakon Kuramoto, Managing Associate, Tokyo Office
Language: Japanese (no simultaneous interpretation)
Registration: RSVP by Tuesday September 12
Fee: Free of charge

For questions, please contact Aya Mori.


9月のイベント: スタートアップのハマリやすい10の罠 

オリックのトータルアクセス セミナー・シリーズは、ブレックファースト/イブニング・セッションおよびネットワーキングイベントを通じて、起業家および投資家のビジネス、戦略および法律に関する情報を提供しています。

次回イベントは、9月14日(木)午後6:00~8:00に開催いたします。

オリックは米国をはじめ、日本、中国、ヨーロッパで約1600のスタートアップを代理していますが、今まで数多くの罠にハマったスタートアップを見てきました。そこには世界中のスタートアップにも共通する問題点も多くあります。そこで、今回は杉田 泰樹弁護士と蔵元 左近弁護士がスタートアップが陥りやすい主な法的問題点について、日本法特有の問題も交えながら解説しながら、特別ゲストとして米国シリコンバレーに本拠を置くFogHornの創業メンバーの一人でもある、遠藤雄太氏にご自身の体験談を語って頂きます。また、日本で新規ビジネスをローンチする際に便利な二つの制度:適用法令についての不安を解消できる「グレーゾーン解消制度」、企業単位で規制の特例措置を認めてもらう「企業実証特例制度」についても紹介します。セミナー・スライドは日英で用意し、プレゼンテーションは主に日本語で行う予定です。

トピック

  • 俺たちずっと一緒!~ 創業者の幻想

  • 招かれざる客? ~ 取締役会の構成

  • 記録がない、記憶もない ~ 会社書類の重要性

  • コンプラは後回し、将来はIPOでウハウハだ! ~グレーゾーン解消制度の活用 等

特別ゲスト: 遠藤雄太氏
シリコンバレーにてアメリカ人やインド人とともにFogHorn Systemsを創業。慶応義塾大法学部卒業、Cisco Systems JapanにてエンジニアとしてMulticastを中心にFTTH黎明期の立ち上げに従事。2005年よりシリコンバレーにあるCisco System本社へと移籍、Product Managerとしてシリコンバレーにて活動。2011年、Ciscoの社内ベンチャーとして産業向けIoTビジネスの立ち上げをProject ManagementチームのLeaderとして牽引。マーケットがクラッシュした中でも4年連続2ケタ成長を達成した後、2015年1月退社、2015年2月より現職。

お席の数が限られておりますのでお早めにお申し込みください。

日 時:9月14日(木)6:00 pm – 7:30 pm
会 場:オリック東京法律事務所(アクセス)
スピーカー:
東京オフィス、パートナー、弁護士 杉田 泰樹(第一東京弁護士会); 東京オフィス、マネージング・アソシエイト、弁護士 蔵元 左近(東京弁護士会)
言語:
日本語(同時通訳はありません)
参 加 費:無料
参加ご登録:Register Hereから9月12日までにご登録ください。

お問い合わせは毛利亜矢までお願いいたします。

CLE Credits Available: Y