Cross-border M&A Seminar 2017: Investment Opportunities for Japanese Companies in Germany - Strategy and Techniques

Seminar | July.06.2017

Orrick Tokyo & Orrick Düsseldorf

(英語の後に日本語が続きます。)

The amount of outbound deals by Japanese companies in 2016 increased by 13%, from JPY 10 trillion to 11.3 trillion. This outnumbers the amount of domestic M&A deals in 2016 which amounts to JPY 7.8 trillion. While the world economy, particularly the economy of emerging markets, is declining, deals targeting companies in Europe and the US attract more attention as they incorporate high level technology. Especially in terms of geography, Europe (approximately JPY 6.2 trillion) is affirming its presence next to North America (appx JPY 4 trillion).

This seminar will focus on investment in Germany, the center of economy and technology in Europe, covering the following topics:

1. Strategy

A) Why Germany?
B) Before Investing in an Overseas Market
C) Tips on German M&A
D) Benefit of Using International Law Firm

2. Techniques

A) German M&A: Differences in Deal Terms in German and Japanese Transactions
B) Data Privacy – an obstacle or advantage? – Strategies for Investors to Deal with the Strong EU/German Data Privacy Regulations
C) Foreign Investment Restrictions: Strategic Opportunities for Japanese Investors

Tokyo and Dusseldorf offices will be connected by video with attorneys from both offices presenting live.

Date: July 6, 2017 (Thursday)
Tokyo - 5:30 pm – 7:00 pm (registration from 5:15 pm)
Dusseldorf - 10:30 am to 12:00 pm (registration from 10:00 am)
Place: Orrick Tokyo Law Office (Map)
Orrick, Herrington & Sutcliffe LLP, Düsseldorf Office (Map)
Speakers:
Mark Weeks, Partner, Tokyo office
Hiroki Sugita, Partner, Tokyo office
Dr. Oliver Duys, Partner, Düsseldorf office
Dr. Sven Greulich, Partner, Düsseldorf office
Dr. Christian Schröder, Partner, Düsseldorf office
Dr. Christoph Brenner, Partner, Munich office
Dr. Till Steinvorth, Partner, Düsseldorf office
Moderator: Kazuo Isshiki, Senior Associate, Tokyo Office
Language:
Japanese and English (no simultaneous interpretation)
Fee: No charge
Registration deadline: July 4 (Tuesday)

*Orrick, Herrington & Sutcliffe LLP is an accredited MCLE provider in the States of New York and California.  This continuing legal education course has been approved in accordance with the requirements of the Continuing Legal Education Board for a maximum of 1.5 credit hours, of which 1.5 credit hours can be applied toward the areas of professional practice requirement. 


日本企業からドイツへの投資チャンス – 戦略と戦術

2016年の日本企業のアウトバウンド取引額は、約10兆円から11兆3千億円となり、昨年に比べて13%増加しました。これは同年の国内M&A取引額の7兆8千億円を大きく上回ります。そして、新興国を中心に世界経済の減速傾向が鮮明になるなか、高い技術力を取り込み、成長につなげる狙いから、欧米先進国の企業を対象にした案件が目立ちます。特に買収対象地域として北米(約4兆円)に加えてヨーロッパ(約6兆2千億円)の存在感が強くなってきています。そこで、今回のセミナーではヨーロッパの中でも経済及び技術の中心であるドイツへの投資をテーマに以下のトピックを取り上げます:

1. 戦略

A) なぜドイツへの投資チャンスなのか?
B) 日本企業が海外投資を行う前に考慮すべき事項
C) ドイツでのM&Aにおけるヒント
D) クロスボーダーM&Aにおいて国際法律事務所を採用する利点

2. 戦術

A) ドイツの M&A: 日本とドイツ、両国間のディール条項の違い
B) EU一般データ保護規則は障害か利点か –厳しいデータ・プライバシー規制への戦略的な対応策
C) 対ドイツ投資規制: 日本企業に戦略的な投資チャンス

今回は、オリック東京オフィスとデュッセルドルフ・オフィスをビデオ会議でつなぎ、両国の弁護士がライブで講演を行います。

日 時:2017年7月6日(木)
東京:5:30 pm – 7:00 pm (開場および受付開始5:15 pm)
デュッセルドルフ: 10:30 am – 12:00 pm (開場および受付開始10:00 am)
会 場:オリック東京法律事務所(アクセス)
オリック・デュッセルドルフ・オフィス(アクセス)
講 師:
東京オフィス、パートナー、マーク・ウィークス
東京オフィス、パートナー、杉田 泰樹
デュッセルドルフ・オフィス、パートナー、オリバー・ダウス
デュッセルドルフ・オフィス、パートナー、スヴェン・グルリシュ
デュッセルドルフ・オフィス、パートナー、クリスチャン・シュローダー
ミュンヘン・オフィス、パートナー、クリストフ・ブレナー
デュッセルドルフ・オフィス、パートナー、ティル・シュタインフォルト
モデレーター:東京オフィス、シニア・アソシエイト、一色 和郎
言 語:英語・日本語(同時通訳は付きません)
費:無料
申込締切:2017年7月4日(火)

※ このプログラムは米国ニューヨーク州及びカリフォルニア州のCLEクレジットの対象となっています。

セミナーに関するお問い合わせは、毛利亜矢まで

CLE Credits Available: Y