Search Language:

日本語 / Japanese | Use language selector above (below, on mobile) to search additional languages

See by:

open filter

Focus:

34 items matching filters

Search Results

16999_740x360

Practice:

  • Antitrust & Competition
  • Government Investigations and Enforcement Actions
  • Merger Review
  • Antitrust/Intellectual Property
  • Antitrust Counseling & Compliance
  • Global Compliance & Regulatory
  • M&A and Private Equity
  • Technology Companies Group
  • Complex Litigation & Dispute Resolution
  • Class Action Defense

Alex Okuliar Partner Antitrust & Competition, Government Investigations and Enforcement Actions

ワシントンDC

Alex is a litigator and former senior DOJ and FTC official representing clients in high-profile deals, investigations, and disputes. He frequently works for leading global companies, including recently Microsoft, Cisco, and Schlumberger, and has been recognized by Chambers USA and Global Competition Review, among others. Who's Who Legal reports that Alex is “a highly skilled competition lawyerapplauded for "his strong knowledge of and experience with the US authorities."

Drawing on his agency experience, Alex regularly appears before federal, state, and foreign authorities in connection with conduct and merger investigations, including the Federal Trade Commission and US Department of Justice. He also advocates for client's interests on numerous competition and consumer protection issues before the agencies. In addition to his agency work, Alex has litigated large antitrust, unfair competition, and consumer protection class actions in federal and state courts around the United States.

From 2012-2015, Alex served as advisor to FTC Commissioner Ohlhausen, counseling her on the agency's numerous investigations, enforcement actions, and policies. He focused heavily on technology and telecommunications-related issues, including big data, the growth of online technology platforms, and the intersection of intellectual property and antitrust. Earlier, from 2010-2012, Alex was a trial attorney at the DOJ Antitrust Division focused on mergers and conduct in the technology and finance sectors. He also worked on dozens of energy, health care and hospital matters while at the FTC and DOJ and continues to practice in those sectors. Before serving in the government, Alex spent ten years in private practice at leading international law firms.

Alex is frequently acknowledged for the quality of his work and client service. Chambers USA has recognized Alex in its ranking of top DC antitrust lawyers (2018, 2019). He was recommended for antitrust litigation defense (2019) and merger control (2017-2019) in Legal 500 and was listed in Who's Who Legal: Future Leaders (2017, 2018) and Who's Who Legal: Competition (2019). He was also individually noted as "excellent" by Global Competition Review in its 2018 ranking of the world's antitrust practices. 

Before law school, Alex co-founded and sold an online technology company.

331649_740x360

Practice:

  • Employment Law & Litigation

Stephanie Gail Lee Senior Associate Employment Law & Litigation

ロサンゼルス

Stephanie helps clients navigate the intricate and rapidly evolving world of employment litigation.

Clients feel at ease knowing that Stephanie will work tirelessly to guide them through wage-and-hour class and representative actions, as well as single-plaintiff litigation involving claims of whistleblower retaliation, fraudulent inducement and breach of contract. Companies, particularly those in employee-friendly states such as California, must contend with an ever-changing array of procedural tools and laws, and rely on Stephanie to serve as a trusted advisor. In addition to legal nuances, the high-profile matters Stephanie handles are further complicated by reputational risk. To deliver a clear path through these complexities, Stephanie works with her team to carefully and creatively balance each case’s dangers, opportunities and impact.

She has managed matters from start to finish and has litigated cases in federal and state courts, as well as before various administrative agencies. She also helps her clients avoid litigation by counseling on wage-and-hour compliance, terminations and severance agreements, non-compete and non-solicitation covenants and employee handbook provisions.

8555_740x360

Practice:

  • 再生可能エネルギー
  • エネルギー
  • インフラストラクチャー
  • ストラクチャード・ファイナンス
  • バンキング・アンド・ファイナンス

ジェヒョン ・ アン オブ・カウンセル 再生可能エネルギー, エネルギー

東京オフィス

アン外国弁護士は、オリックのエネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループに所属しています。

日本におけるオリックのエネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループは、国内外のエネルギー・電力事業のプロジェクトにおけるスポンサー、レンダー、輸出信用機関等のステークホルダーにクロスボーダーの法務アドバイスを提供する他、金融機関および大手グローバル企業による、バンクファイナンス、ストラクチャード・ファイナンス、アセット・ファイナンス等クロスボーダーのファイナンス案件を取り扱っています。

382360

Practice:

  • エネルギー
  • インフラストラクチャー
  • 再生可能エネルギー
  • 日本

河村 豪俊 アソシエイト エネルギー, インフラストラクチャー

東京オフィス

オリック東京法律事務所のアソシエイト。エネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループ所属。

主に再生可能エネルギープロジェクトの開発、買収およびファイナンス案件などの他、企業法務全般を取り扱う。

オリックに入所する以前は、2013年に判事補として任官し、松山地方裁判所、東京地方裁判所で判事補として経験を積んだ。

9964_740x360

Practice:

  • 再生可能エネルギー
  • インフラストラクチャー
  • エネルギー
  • Project Finance
  • Solar Energy
  • 風力エネルギー
  • 不動産
  • 不動産ファイナンス
  • 日本

乾  由布子 オブ・カウンセル 再生可能エネルギー, インフラストラクチャー

東京オフィス

東京オフィスのオブ・カウンセルとして、エネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループに所属。再生可能エネルギー案件の開発、M&A、プロジェクトファイナンス、許認可の取得に係る調査・助言業務を中心に取り扱うほか、不動産、環境問題、フィンテックなどの業務も手がける。

乾弁護士は、これまでに太陽光26件1244MW、風力24件233MWの法務デューデリジェンスに関与(2018年11月時点)。また、日本最大235MWの太陽光発電プロジェクトや日本最大121.6MWの風力発電プロジェクトのプロジェクトファイナンスを出かけた。

また、2006年度から毎年、日本弁護士連合会の公害対策・環境保全委員会特別委嘱委員に選出されている。2019年には、Legal 500 Asia Pacificの日本のプロジェクト・エネルギー部門でNext Generation Lawyerに選出された。

17901_740x360

Practice:

  • 知的財産
  • 特許権
  • IP相談およびデューデリジェンス
  • 企業秘密に関する訴訟
  • 日本
  • 中国

中本  安利 マネージング・アソシエイト 知的財産, 特許権

東京オフィス

東京オフィスのマネージング・アソシエイトとして、知的財産グループに所属。

主に特許訴訟、トレードシークレット訴訟等の知的財産に関連する紛争において日本企業を代理する。また、特許ポートフォリオ・マネージメント、知的財産戦略の策定、敵対的ライセンス交渉に加えて、クロスボーダーM&A、事業やテクノロジーの戦略的提携において、知的財産に関するカウンセリングを行う。

当事務所入所以前は、10年以上に亘り日立製作所、パナソニック、及び日本の政府系特許ファンドの運用会社において、特許の権利化、売買、敵対的ライセンス交渉及び訴訟等の実務経験を有する。

13539_740x360

Practice:

  • 複雑な訴訟および紛争処理
  • 特許権
  • 著作権、商標、および虚偽広告
  • 知的財産
  • 反トラストおよび不正競争防止
  • 国際仲裁および紛争処理
  • 不法大衆迷惑行為および製造物責任
  • 雇用法および訴訟
  • 日本

矢倉  信介 パートナー 複雑な訴訟および紛争処理, 特許権

東京オフィス

東京オフィスのマネージング・パートナーであり、オリック訴訟・仲裁グループのパートナーとして、クロスボーダーの訴訟・仲裁、知的財産権及びコンプライアンス案件を手がける。

矢倉弁護士の主な取扱分野は知的財産権、独占禁止法、製造物責任、医事・薬事関係、その他各種紛争案件につき、国内外の企業を代理した民商事紛争解決である。とりわけ、複数の国が関わるクロスボーダー型の訴訟・仲裁案件について豊富な経験を有する。

知的財産権の分野においては、電気機器、産業機械等の技術に関する特許権侵害訴訟において国内外の企業を数多く代理するとともに、商標権、著作権、パブリシティー権など、知的財産権に関する案件を幅広く手掛けている。日本の弁理士資格を保有。

近年は、人工知能(AI)、IoT、ビッグデータに関連するビジネス及び法律上の問題点について積極的にアドバイスしおり、オリックのグローバル・AIワーキンググループのアジア代表を務める。

また、米国腐敗行為防止法(FCPA)や英国賄賂防止法(UKBA)を含む贈収賄規制法対応及びカルテル等の独占禁止法/競争法に関する不正調査案件にも積極的に携わるとともに、企業のコンプライアンス事案について、グローバルな視点から戦略的なアドバイスを提供している。

さらに、M&Aやライセンシング等のコーポレート・トランザクション業務にも日常的に携わっており、クライアントに対し戦略的なアドバイスを提供している。

13584_740x360

Practice:

  • 複雑な訴訟および紛争処理
  • 反トラストおよび不正競争防止
  • 不法大衆迷惑行為および製造物責任
  • M&A・アンド・プライベート・エクイティ
  • 知的財産
  • コーポレート
  • 日本

一色  和郎 シニア・アソシエイト 複雑な訴訟および紛争処理, 反トラストおよび不正競争防止

東京オフィス

オリック東京法律事務所のシニア・アソシエイト。訴訟グループ所属。

主な業務内容は、知的財産権、独占禁止法、製造物責任、その他国内外の企業を代理しての民事・商事訴訟、仲裁、紛争の解決、その他さまざまな企業法務。

オリックに入所する以前、2011年までポール・ヘイスティングス法律事務所・外国法共同事業のアソシエイトを務めた。

16964_740x360

Practice:

  • M&A・アンド・プライベート・エクイティ
  • コーポレート・リストラクチャリング
  • テクノロジー企業グループ
  • 複雑な訴訟および紛争処理
  • 日本

猿見田 寛 パートナー M&A・アンド・プライベート・エクイティ, コーポレート・リストラクチャリング

ニューヨーク

猿見田寛米国弁護士は、オリック・へリントン・アンド・サトクリフ LLP ニューヨーク・オフィス所属のM&A及びプライベート・エクイティ・グループのパートナーであり、オリック・グローバル・ジャパン・プラクティスの米国代表である。

米国ニューヨークにおいて25年に亘る法務経験を有し、クロスボーダーのM&A、ジョイントベンチャー、コーポレート・ファイナンス、その他の企業法務において、数多くの日本企業及び多国籍企業を代理する他、独占禁止法、製造物責任、知的財産権、労働法問題、及び危機管理対応など幅広い分野の問題についても、日本企業にアドバイスを行っている。Chambers Global では、日米のクロスボーダー案件における専門性が評価され、Global Top Lawyers に選出されている。

12209_740x360

Practice:

  • 知的財産
  • 日本

ジョン ・ インジ カウンセル 知的財産, 日本

東京オフィス; ワシントンDC

ジョン・インジは、オリック東京オフィスの知的財産グループに所属するカウンセルです。 インジ外国法事務弁護士は日本および米国において30 年以上にわたる特許および知的財産法に関する経験を有しています。

インジ外国法事務弁護士は特にテクノロジーに関わる問題を幅広く取り扱っており、その中には半導体装置、家庭用電子製品、通信システム、コンピューターとその関連機器、レーダー、光ファイバーを含む光学、内科および外科用装置、ディスプレイシステム、照明装置、印刷システム、電子写真、エネルギー蓄積 装置、プラスチック成形技術などが含まれます。

インジ外国法事務弁護士の業務内容は、知的財産権のあらゆる局面に関与する特許訴訟、抵触審査、有効性と侵害に関する見解、交渉およびライセンシングの他、特許審査といった幅広い範囲に亘り、特にジョイントベンチャーおよび国際的研究開発の契約案件を中心に取り扱っている。また、米国と日本の両国で特許ポートフォリオ管理と知的財産権戦略について、頻繁にクライエント のカウンセリングを行っています。

インジ外国法事務弁護士はジョージ・メイソン大学法学部の非常勤職員として、抵触審査に関するコースや、特許法律事務所業務に関する上級コースを指導した経験を有し、最近ではテンプル大学ロースクールの日本キャンパスにおいて国際知的財産法を指導しました。また中等国際教育機関とし ては、世界で最も古く名門校の一つである横浜インターナショナルスクールの理事会長として、これまで 最長の任期を務めました。インジ外国法事務弁護士は、環太平洋全域において知的財産法をトピックに定期的に講演を行っています。また日本では一般向けおよび企業向けで頻繁に米国特許実務に関するセミナーを行っています。

16937_740x360

Practice:

  • 国際仲裁および紛争処理
  • 複雑な訴訟および紛争処理
  • 雇用法および訴訟
  • 反トラストおよび不正競争防止

松本  はるか シニア・アソシエイト 国際仲裁および紛争処理, 複雑な訴訟および紛争処理

東京オフィス

オリック東京法律事務所のシニア・アソシエイト。訴訟グループ所属。

主な業務内容は、国内外の企業を代理しての民事・商事関連の紛争解決、コンプライアンス、雇用・労働・人事関連、独占禁止法、保険法、倒産法、その他さまざまな企業法務。

また、松本弁護士は国内外の雇用・労働法に関する著書・レポートなども発表している。

オリックに入所する以前は、永沢総合法律事務所のアソシエイトを務め、主に、訴訟、仲裁等の紛争解決、保険、倒産分野において幅広い業務に従事した。

13044_740x360

Practice:

  • 不動産
  • 不動産ファイナンス
  • 日本
  • エネルギー
  • インフラストラクチャー

デイビッド ・ ゴッツィル マネージング・アソシエイト 不動産, 不動産ファイナンス

サンフランシスコ

不動産ファイナンス部門の米国弁護士であるデイビッド・ゴッツィルは、日本国内外の投資家による、資金調達、取得、及び売却など不動産金融取引案件に従事している。

 

デイビッドは日本の不動産法、及び不動産のマーケット動向に精通しており、海外クライアントが日本において不動産取引を行う際に取引が国際標準に厳密に従うよう、それらの知識を活かしたアドバイスを行う。 日本語が堪能であり、日本の金融機関からの資金調達、担保の交渉などにおいてもクライアントのサポートを行う。

また、デイビッドは太陽光、風力などの再生可能エネルギー・プロジェクトの買収、資金調達、及び開発案件において、国際的なエクイティ投資家、及び開発者に助言を行った経験を有する。