Search Language

日本語 / Japanese | Use language selector above (below, on mobile) to search additional languages

See by:

open filter
Submit

Focus

Alphabetically

  • Selected filters
  • x(elyse)

31 items matching filters

Search Results

12874_740x360

Practice:

  • 雇用法および訴訟
  • 役員報酬
  • M&A・アンド・プライベート・エクイティ
  • 複雑な訴訟および紛争処理
  • コーポレート
  • 国際貿易および法的順守
  • 日本
  • 同一賃金

太田  祐美子 パートナー 雇用法および訴訟, 役員報酬

東京オフィス

東京オフィスのパートナー、同事務所の労働法グループに所属。主に労働法に関するアドバイスを行なうほか、コンプライアンス、コーポレートガバナンス、M&A、合弁事業、訴訟などの様々な企業法務に従事している。

オリックに入所する以前は、2010年3月まで、田辺総合法律事務所のアソシエイトとして、企業法務、労働法関連業務、訴訟、調停、一般民事および家事事件などに幅広く従事したほか、企業の社外監査役なども勤めた。それ以前には、7年間にわたり三菱商事株式会社に勤務し、LNGプロジェクト等のグローバルビジネスに携わった。

12209_740x360

Practice:

  • 知的財産
  • 日本

ジョン ・ インジ カウンセル 知的財産, 日本

東京オフィス; ワシントンDC

ジョン・インジは、オリック東京オフィスの知的財産グループに所属するカウンセルです。 インジ外国法事務弁護士は日本および米国において30 年以上にわたる特許および知的財産法に関する経験を有しています。

インジ外国法事務弁護士は特にテクノロジーに関わる問題を幅広く取り扱っており、その中には半導体装置、家庭用電子製品、通信システム、コンピューターとその関連機器、レーダー、光ファイバーを含む光学、内科および外科用装置、ディスプレイシステム、照明装置、印刷システム、電子写真、エネルギー蓄積 装置、プラスチック成形技術などが含まれます。

インジ外国法事務弁護士の業務内容は、知的財産権のあらゆる局面に関与する特許訴訟、抵触審査、有効性と侵害に関する見解、交渉およびライセンシングの他、特許審査といった幅広い範囲に亘り、特にジョイントベンチャーおよび国際的研究開発の契約案件を中心に取り扱っている。また、米国と日本の両国で特許ポートフォリオ管理と知的財産権戦略について、頻繁にクライエント のカウンセリングを行っています。

インジ外国法事務弁護士はジョージ・メイソン大学法学部の非常勤職員として、抵触審査に関するコースや、特許法律事務所業務に関する上級コースを指導した経験を有し、最近ではテンプル大学ロースクールの日本キャンパスにおいて国際知的財産法を指導しました。また中等国際教育機関とし ては、世界で最も古く名門校の一つである横浜インターナショナルスクールの理事会長として、これまで 最長の任期を務めました。インジ外国法事務弁護士は、環太平洋全域において知的財産法をトピックに定期的に講演を行っています。また日本では一般向けおよび企業向けで頻繁に米国特許実務に関するセミナーを行っています。

9964_740x360

Practice:

  • 再生可能エネルギー
  • インフラストラクチャー
  • エネルギー
  • Project Finance
  • Solar Energy
  • 風力エネルギー
  • 不動産
  • 不動産ファイナンス
  • 日本

乾  由布子 オブ・カウンセル 再生可能エネルギー, インフラストラクチャー

東京オフィス

東京オフィスのオブ・カウンセルとして、エネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループに所属。再生可能エネルギー案件の開発、M&A、プロジェクトファイナンス、許認可の取得に係る調査・助言業務を中心に取り扱うほか、不動産、環境問題、フィンテックなどの業務も手がける。

乾弁護士は、これまでに太陽光33件1221MW、風力18件1115MWの法務デューデリジェンスに関与(2020年2月時点)。また、日本最大235MWの太陽光発電プロジェクトや日本最大121.6MWの風力発電プロジェクトのプロジェクトファイナンスを手掛けた。

また、2006年度から毎年、日本弁護士連合会の公害対策・環境保全委員会特別委嘱委員に選出されている。2020年には、Legal 500 Asia Pacificの日本のプロジェクト・エネルギー部門でRising Starに選出された。

360833

Practice:

  • 雇用法および訴訟
  • コーポレート
  • M&A・アンド・プライベート・エクイティ

小林 祐輔 アソシエイト 雇用法および訴訟, コーポレート

東京オフィス

東京オフィスのアソシエイトとして、労働法グループに所属。

主に労働法に関するアドバイスを行なうほか、コンプライアンス、コーポレートガバナンス、M&A、合弁事業、訴訟などの様々な企業法務に従事している。

154664

Practice:

  • エネルギー
  • インフラストラクチャー
  • 再生可能エネルギー
  • 不動産
  • コーポレート
  • 日本

アンドリュー ・ ヒューズ オブ・カウンセル エネルギー, インフラストラクチャー

東京オフィス

ヒューズ外国法弁護士(米国ニューヨーク州)は、東京オフィスのオブ・カウンセルとして、エネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループに所属。

太陽光、風力などの再生可能エネルギー・プロジェクトの買収、資金調達、及び開発案件において、国際的なエクイティ投資家及び開発者に助言を行う。

ヒューズ外国法弁護士は、以前オリック不動産グループに所属しており、グローバル・オポチュニティ・ファンド、銀行、その他の金融機関による不動産取引、及び不動産ファイナンス案件においても、数多くの経験を有する。

その後、インハウス・カウンセルとしてグリー株式会社及びElectronic Arts 社に所属し、クロスボーダーM&Aやジョイントベンチャーなどの企業間取引、その他の一般企業法務などを担当した。

9613_740x360
  • D: +1 650 289 7188

Practice:

  • テクノロジー企業グループ
  • 日本
  • コーポレート
  • M&A・アンド・プライベート・エクイティ
  • Blockchain and Cryptocurrency

Joseph Perkins テクノロジー企業グループ, 日本

シリコン・バレー

ジョセフ・パーキンスは、オリック・シリコンバレー・オフィス、テクノロジーカンパニーグループ所属のパートナーであり、エマージング・カンパニー及びベンチャー・キャピタル・ファームにアドバイスを提供している。

パーキンス氏は、米国および日本のハイテック企業や、クリーンテクノロジー企業へのプライベート・ベンチャー・ファイナンス、M&Aなどの法務アドバイスを行う。

Practice:

  • 不動産
  • 不動産投資ファンド
  • コーポレート

冨樫 翔太 アソシエイト 不動産, 不動産投資ファンド

東京オフィス

東京オフィスのアソシエイトとして、不動産グループに所属。

国内外の金融機関、不動産ファンド、不動産ディベロッパーやその他様々な企業を代理して、主として、特定目的会社や信託を利用した金融関連取引を担当している。その他、国際企業間取引、金融関連取引、不動産関連取引、国内企業法務全般に関する法的助言を行う。

16232_740x360

Practice:

  • 再生可能エネルギー
  • インフラストラクチャー
  • エネルギー
  • M&A・アンド・プライベート・エクイティ
  • コーポレート
  • 日本

小路  健太郎 シニア・アソシエイト 再生可能エネルギー, インフラストラクチャー

東京オフィス

オリック東京オフィス、エネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループ所属のシニア・アソシエイト。

国内外のスポンサー、デベロッパー、を代理して、エネルギープロジェクトの開発及び資金調達に従事する。

主にEPC契約、BOP契約、O&M契約をはじめとするプロジェクト関連契約を取り扱う。

2013年から2014年に日本の大手商社に出向した経験などから、クライアントのニーズを理解し、柔軟なサービスを提供する。オリック入所以前は、外国法共同事業オメルベニー・アンド・マイヤーズ法律事務所において、のクロスボーダーM&A、ファイナンス、紛争解決案件等を手掛けた。
342612_740x360

Practice:

  • Technology Companies Group
  • M&A and Private Equity
  • Corporate

Betty L. Louie Partner Technology Companies Group, M&A and Private Equity

北京

Betty L. Louie is a partner of the M&A and Private Equity Group based in the Beijing office. With a particular expertise on Asia outbound investments, Betty has extensive experience in the areas of mergers and acquisitions, private equity, strategic investments and capital markets. She has practiced for over 20 years on the continents – the US, Europe and China – on strategic and complex mergers and acquisitions.

She regularly advises Chinese corporations and financial institutions investing and operating outside of China, and also assists international companies with their FDIs in China. She also advises global private equity and venture capital funds on their investments in Chinese companies, as well as assisting international tech companies on their structuring and operations in China.

Since 2012, she has been consistently recognized and ranked in legal industry publications, such as Chambers Global, Chambers Asia Pacific and Milano Finanza. Clients have praised Betty as “extremely experienced with complex legal issues, both M&A and regulatory issues”, “highly experienced in helping Chinese companies and investors carry out transactions,” “having a specialist knowledge of the Chinese market” and “offers practical and efficient solutions.”

In addition, Betty also represents a broad range of foreign investors (U.S., Middle Eastern, European) in connection with their global investments and acquisitions.

She advises companies in various industries, including energy, technology, financial services, healthcare, medical devices, real estate and advanced manufacturing.

Before relocating to China, Betty practiced in New York for more than 10 years, and also practiced in Italy for close to 10 years.

308640

Practice:

  • 知的財産
  • 特許権

Shane D. Anderson マネージング・アソシエイト 知的財産, 特許権

ロサンゼルス

シェーンは米国弁護士としての業務において、エンジニア及び教育者としての経験を活かし、クライアントの目標に最適な戦略及び解決策を提案する。

シェーンは米国連邦裁判所、及び米国特許審判部(PTAB)において、ソフトウェア・ネットワーク通信・メッシュネットワーク・電子製品など様々なハイテク分野の多国籍企業が関与する訴訟の経験を有する。複雑な特許訴訟においてクライアントの目標を達成のために、シェーン自身のユニークな経験及び学歴を活用し、クライアントに最適な解決作を提案する。オリック入所以前は、シリコンバレーに所在する国際的な法律事務所に所属し、主に特許訴訟案件を取り扱っていた。

ロースクール入学以前、シェーンは日本及びカナダにおいて、テストシステム、組込みシステムやSCADA(産業制御システム)などの研究開発にエンジニアとして従事していた。また、日本において英語講師として働いた経験を通し、難解な技術や情報をより分かりやすく解説することが可能である。

さらに、シェーンは地域の奉仕活動及びプロボノ活動も積極的に行っている。プロボノ活動としては、米国投票権法に関する訴訟での原告の代理、小規模企業の契約書を作成等が含まれる。

258480_740x360

Practice:

  • Equity Capital Markets
  • M&A and Private Equity
  • China
  • Africa

Jie (Jeffrey) Sun Partner Equity Capital Markets, M&A and Private Equity

上海; 北京

Jie (Jeffrey) Sun, a partner in Orrick’s Shanghai and Beijing offices, is a member of the Corporate Group. Jeffrey represents Chinese and international clients from multiple industries, including technology, renewable energy, life sciences, financial services and consumer/retail, in a broad range of M&A, capital markets and corporate matters.

Jeffrey has extensive experience representing both Chinese enterprises in fund raising and investing abroad and foreign investors investing in China.

He regularly represents issuers and underwriters in the U.S. and Hong Kong public securities offerings, including initial public offerings (IPOs) and Rule 144A/Regulation S offerings for PRC-based companies.

In addition, he is experienced in handling complex cross-border mergers and acquisitions, foreign direct investment, strategic alliances, joint ventures and regulatory compliance matters for numerous foreign investors and Chinese companies. He also counsels global private equity funds on their investment activity throughout Greater China and across Asia.

Some clients he has represented include Bright Food, JD.com, Trina Solar, China Sunergy, Perfect World, ReneSola, Tudou, Pactera Technologies and some international investment banks and private equity funds.

Jeffrey is consistently recognized as a leading lawyer for China M&A by prestigious legal publications such as Chambers Asia, Asia-Pacific Legal 500 and IFLR1000. Clients recognizes him as “an excellent business partner, above his legal counsel role”, who “gives practical advice not only based on legal proficiency, but really helpful for our business”.

Prior to joining Orrick, Mr. Sun worked with a major international law firm, and he was a former partner in a local law firm based in Shanghai.

1740_740x360

Practice:

  • 再生可能エネルギー
  • エネルギー
  • インフラストラクチャー
  • 風力エネルギー
  • M&A・アンド・プライベート・エクイティ
  • 日本
  • アフリカ

片山  洋一 パートナー 再生可能エネルギー, エネルギー

東京オフィス

東京オフィスのパートナー。多国籍ディベロッパーや金融機関を代理し、エネルギー、電気通信やその他のインフラ・プロジェクトを中心とした国際的なインフラ・プロジェクトの開発及び資金調達の分野の取引に従事する。

1997年よりオリックの東京オフィスで活動するまでは、株式会社トーメン・パワーにジェネラル・カウンセルとして在籍。1989年から1993年は、ニューヨークのTomen America Inc.にアソシエイト・ジェネラル・カウンセルとして在籍する。